読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k_ikiの雑記帳

DTPのこと、創作のことなど、思いつくまま

テキストのドラッグ&ドロップ

環境:Mac OSX 10.7.5 / InDesign CS6 および CC
 
InDesignのフレームグリッド内のテキストを、別のフレームグリッドまたは編集中のフレームグリッド内の別の段落などにコピー&ペーストすると書式が外れる。
具体的には、部分的に書式を変更しておいた場合にコピー&ペーストすると……
f:id:k_iki:20131120162101p:plain
上図、一行目は文字スタイルを適用せず、二行目には文字スタイルを適用してある。
通常のコピー&ペーストでは、いずれも下図のように書式が外れてしまう。
f:id:k_iki:20131120162054p:plain
文字スタイルパネルで確認すると、オーバーライドマークがついている。
これを直すには、パネル上の文字スタイルをクリックしてオーバーライドを解消するしかない。
f:id:k_iki:20131120162106p:plain
書式の変更箇所が多ければ多いほど面倒だ。
そこで、環境設定を確認。
テキストのドラッグ&ドロップ編集を、レイアウトビューで有効となるようチェックを。
f:id:k_iki:20131120162113p:plain
テキストを選択し、マウスカーソルを重ねるとポインタの形がIビームポインタでなく、図のような形に変わる。
そこで、オプションを押しながら目的の場所までドラッグ&ドロップ。
f:id:k_iki:20131120162119p:plain
下図の通り、書式を保ったままコピー&ペーストできる。
ストーリー丸ごとドラッグ&ドロップも可能。
f:id:k_iki:20131120162125p:plain
こんなこと、誰でも知ってるかも知れない。
でも、知らない人もいるかも知れない。
なので、念のため。
 
そして追記。
普通にコピーした後、ペースト時のコマンドで「グリッドフォーマットを適用せずにペースト」するのと同じ結果です。
AJABON博士に指摘されるまですっかり忘れとったわw